イベントコンパニオンを目指す方へ

2022.02.17

 

イベントコンパニオンを目指す方

ポイント

・イベントコンパニオンのお仕事は「一期一会」。1日〜数日しか関わりを持たない人とお仕事をする機会が多い。
・求められる能力は「総合力」
・イベントコンパニオンになるためには、まずは事務所に登録しよう!

お仕事は一期一会

東京ビッグサイトや幕張メッセ、パシフィコ横浜など、
大きな会場でのイベントに行ったことがある人は一度は見たことがあるのではないでしょうか?
会場やブースで、華やかな衣装・コスチュームを着て、素敵な笑顔で接客をしている女性を。

そうです。その女性こそ、イベントコンパニオンと呼ばれる人たちです。

様々なイベント会場で来場したお客様へ、製品のPRなどを行うのがイベントコンパニオンのメインのお仕事です。

イベントコンパニオンは、クライアント企業様の第一印象にも繋がるファーストコンタクトのお仕事になります。
クライアント様の印象にダイレクトに繋がるので、とっても重要なお仕事です。

その為、衣装にも気を使い、衣装を着こなすスタイルや身だしなみ(メイクやヘア等)の容姿も重要とされています。

イベントコンパニオンのお仕事には、イベント会場や展示会等で自社製品を出展しているクライアントのブースでの受付やお客様のご案内があります。

一番メインとなってくるお仕事は、クライアント様が提案する自社製品のPRです。

お客様へ製品へ対して興味を持ってもらうことはもちろん、製品に関して質問が来た際にスムーズに、正確に答えられるような対応も求められます。

その他、カタログや試供品のサンプリング・配布、アンケート業務、ブースへの誘引などがイベントコンパニオンの主な仕事内容です。

イベントごとに雰囲気が違っていたり、紹介する製品も違っていたりと内容的には一緒でも、毎回新鮮な気持ちを持って勤務できるという魅力があるのもイベントコンパニオンの特徴であります。

 

イベントコンパニオンになる条件

イベントコンパニオンはクライアント様の『顔』となると言っても過言ではありません。
その為、イベントコンパニオンになるためにはいくつかの条件があります。

・コミュニケーション能力の高さ

イベントコンパニオンの条件としてまず第一に挙げるものはコミュニケーション能力の高さです。
先程申し上げた通り、イベント会場や展示会場にはたくさんのお客様が来場されます。
どんなお客様にも、好感を持って頂けるような態度や話し方、笑顔で接客する。
というコミュニケーション能力の高さが必須になってきます。

・容姿やスタイルの良さ

容姿の美しさはもちろん、スタイルの良さもイベントコンパニオンは重要視されています。
クライアント様の製品をPRする上で、製品のPRの仕方はもちろんのこと、クライアント様自体の印象アップにも繋がるため、イベントコンパニオン自身の容姿の良さは必須条件になってきます。

・人前に立つことへの抵抗のない方

イベントコンパニオンは人前に立つことが仕事です。
人前に立ち製品のPRをします。
その為、人前に立つことに抵抗がない人が絶対条件になります。
オーディションなどもあるので、人前で自己アピールが出来ないとお仕事を得る事もできない可能性があります。

・自己管理能力がある方

イベントコンパニオンのお仕事は基本的に立ち仕事です。
そのため、ある程度の体力が必須になってきます。
体力と併せて、健康にも気を使わなくてはなりません。
常にベストな状態でお仕事をできるように、日頃から体力作りや体調管理が出来る方が求められます。

イベントコンパニオンは替えがきかないお仕事です。
一度決定したお仕事は基本的にキャンセルができません。その為責任感が必要です。
責任感と共に、自己管理がしっかりできる方でないとできないお仕事です。

スタイルについては、身長160㎝以上170㎝未満がベストです。
(少し身長が低い分にはヒールなどで補えるので自信を持ってくださいね!)

 

イベントコンパニオンで活躍するには

イベントコンパニオンとして活躍するためには、まず事務所登録が必要です。

面接やオーディションを受けてイベント事務所に登録をします。

さらに希望のお仕事にエントリー後に書類選考やクライアント様でオーディションがある場合もあります。

それに合格して初めてイベントコンパニオンとしてお仕事が出来ます。

書類選考には、宣材写真の重要度も上がってきます。
宣材写真にもこだわってみるのもアリかもしれませんね!

イベントコンパニオンは、資格や学歴というものよりも、先述した内容が重要になってきます。

特別資格やないから・・・学歴もないから・・・と諦める必要はありません。

コミュニケーション能力の高さ、人前に立つことが好きな方、などが求められます。

活躍できる年齢層としては、10代後半から20代が多数を占めます。
容姿などもキープさえできれば30代でもバリバリ働いているイベントコンパニオンはいます!

イベントコンパニオンは求められる条件が正直多いです。。。
その分、給与面や、待遇が良いです。
普段普通に生活していたら出会えない人に出会えたり、貴重な経験もできるのもイベントコンパニオンの特権です。