キャンペーンガールバイトの内容は?高校生もOK?実情を徹底解説!

2022.09.30

「短期間で効率よく稼ぎたい」
「人と関わるのが好き」
「将来的には芸能関係の仕事がしたい」

 

そんな女性におすすめなのが、キャンペーンガールのバイトです。

キャンペーンガールのバイトに興味があるけれど、「具体的にどんな仕事なの?」「自分に向いている?」「どうやって応募すればいいの?」といった不安を抱えていませんか?

 

今回は、キャンペーンガールのバイト内容や給料バイトの応募方法について解説していきます。
キャンペーンガールのバイトに興味のある人は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

キャンペーンガールとは

キャンペーンガールとは、かわいらしいコスチュームに身をつつみ、展示会やイベント会場に華を添える女の子のことです。
笑顔や明るい声で商品に注目を集めて、販売を促進する役目を担います
人の集まる街頭に立ちキャンペーンイベントを盛り上げるだけでなく、お客様への声かけや商品説明、サンプル配布など仕事内容は多岐にわたります。

街やショッピングモールなどで、携帯電話会社の販売イベントを見かけたことがあるのではないでしょうか。
具体的にはティッシュやチラシを配り、抽選会へ誘導したり商品の説明をしたりするのが、キャンペーンガールのバイト内容になります。

キャンペーンスタッフとは

時代の流れとともに、「キャンペーンガール」のように女性に限らず、「キャンペーンスタッフ」として男女の求人を出すところが増えているのが現状です。
キャンペーンガールのバイトを探す際には、「キャンペーンスタッフ」でも検索してみると仕事の選択肢が広がりますよ。

キャンペーンガールの求人

さて、キャンペーンガールにはどうやったらなれるのか気になりますよね。
キャンペーンガールのバイト求人は、インターネットで探せばたくさん出てきます

 

以下のサービスから探すことができるので、勤務日や勤務時間など、自身の条件と合うバイトの求人を探してみましょう。

 

  • インディード
  • タウンワーク
  • バイトル
  • 求人ボックス
  • スタンバイ

 

これらのサービスは、全て無料で登録できます。

キャンペーンガールバイトの応募方法

キャンペーンガールのバイトの応募方法は2パターンあります。

 

  • WEBから応募
  • 電話で応募

 

1つずつ解説します。

キャンペーンガールのバイトの応募方法①WEBから応募する

WEBからの応募は24時間受付のため便利です。
後日、応募先から面接日時について連絡がくるため、小まめにチェックしておきましょう。
面接時に、履歴書(写真貼付)を持参するパターンが多いため、連絡があればすぐに持っていけるよう準備しておくと良いですね。

キャンペーンガールのバイトの応募方法②電話で応募する

応募したい求人が見つかったら、「○○を見た」と電話で問い合わせてみましょう。
面接の日程が決まれば、WEBからの応募と同様に履歴書の準備をしておくとスムーズです。

キャンペーンガールの求人内容

キャンペーンガールの求人内容についてまとめておきます。
キャンペーンガールの勤務形態や応募資格は、以下のように自由度が高いのが特徴です。

 

  • 完全自由シフト
  • 学生歓迎!
  • ダブルワークOK!
  • フリーター歓迎!
  • 初心者の方も歓迎!
  • webでカンタン応募!
  • 単発や短時間のお仕事あり
  • 友達同士の応募OK!

キャンペーンガールの求人情報

キャンペーンガールの求人情報に書かれていることを表にまとめてみました。
ぜひ、参考にしてみてください。
求人情報と自身の条件と合うかどうか、すり合わせてみましょう。

 

雇用形態 パート・アルバイト
給与 時給:1,500円~2,000円
日給:12,000円~15,000円
待遇・福利厚生 交通費支給もしくは交通費一部支給
勤務時間 シフト制
1日実働7時間(休憩1時間)
例)11:00~19:00
応募条件 学歴不問
未経験可

キャンペーンガールの募集要件

基本的にはキャンペーンガールに年齢制限はありません
10代〜30代まで、学生・フリーター・OL(副業)など、幅広い年齢層の採用があります。
自分が働きたい時に働ける完全自由シフト制であるため、短期間で効率よく稼ぎたい人にはピッタリです。

 

仕事柄、外見的な華やかさは求められることもありますが、明るく愛嬌があり勢いがあれば問題ありません
人との関わりが好きで、人前で大きな声を出したりお客様に声をかけたりするのが苦ではない人には向いている仕事です。

 

また、キャンペーンガールのバイトは、立ち仕事であり体力勝負な面もあります。
体力に自信がありサクッと効率よく稼ぎたい人は、まずは応募だけでもしておきましょう

キャンペーンガールのバイト内容

キャンペーンガールのバイト内容は以下のようなものが挙げられます。
希望する勤務日や勤務時間から派遣場所が決まるため、勤務先は選べません。
どこへ派遣されても笑顔を絶やさず、商品やサービスの理解を深めて全力でPR活動を行うのがキャンペーンガールのお仕事になります。

 

  • 抽選会やイベントの盛り上げ
  • ティッシュ・サンプル・チラシ配り
  • マイクパフォーマンス
  • 接客
  • 写真撮影への対応

 

1つずつ詳しくみていきましょう。

キャンペーンガールのバイト⓵抽選会やイベントの盛り上げ

キャンペーンガールのバイト1つ目は、抽選会やイベントの盛り上げです。
よく携帯会社がショッピングモール館内や店頭にブースを立てて、抽選会をやっていますよね。
具体的には、抽選で当たったお客様から携帯電話の利用状況を聞き出し、社員さんにバトンタッチするといった流れになります。
イベント自体を盛り上げるのが役割ですね。

 

新商品の販売や乗り換えキャンペーンは、随時どの携帯会社も行っているため求人は多く、時給も高めです。
また、電気店での携帯電話販売イベントでは、各キャリアのコスチュームを着て販売促進をします。


ワンピースやジャンパーなど、コスチュームの露出度も控えめなものが多いため、学生にはおすすめのバイトです。

キャンペーンガールのバイト②ティッシュ・サンプル・チラシ配り

キャンペーンガールのバイト2つ目は、配布系のお仕事です。
商品PRのために、ティッシュ・サンプル・チラシなどを配ります。


こちらは屋外のイベントとなると、コスチュームを着て暑さ・寒さに対応しなければならず、1日立ち仕事であることも加えると、シンプルな仕事のようで体力が必要になってきます。

キャンペーンガールのバイト③マイクパフォーマンス

キャンペーンガールのバイト3つ目は、マイクパフォーマンスです。
時にはマイクを持って、店頭や館内で「いらっしゃいませー、いらっしゃいませー。お越しいただきありがとうございます。本日の目玉はこちら〜」などと、原稿を読んだりアドリブで呼び込みをしたりする仕事です。


度胸や臨機応変な対応力が身につくため、アナウンサーや女優・俳優志望の人にはピッタリの仕事内容ですね。

キャンペーンガールのバイト④接客

キャンペーンガールのバイト4つ目は接客です。
キャンペーンガールは接客業なので、これが基本になります。

 

笑顔で挨拶をしたり声を出したりするだけでなく、派遣先によっては商品やサービスについての理解を深め、質疑応答ができるところまで求められることもあります。
知識の少ないキャンペーンガールは、お客様にクレームを入れられることもあるため、企業のイメージを落とさないよう最低限のマナーをもって仕事に臨む必要があります。

 

経験を積み、接客スキルや営業スキルが向上すれば、他の仕事に生かせることはもちろんですが、他の派遣会社からスカウトされて報酬がUPなんてこともあるようです。
どこにチャンスがあるかわからないので、バイトはノルマもなく責任もないとは言われがちですが、真摯に取り組むことで得るものは多いお仕事です。

キャンペーンガールのバイト⑤写真撮影への対応

キャンペーンガールのバイトでは、かわいいコスチュームを着られてコスプレ気分を味わえます。
そんな中で、お客様から写真撮影を求められることもあるようです。


撮影NGとしている企業もあるようなので、求人に応募する前に、どの程度まで対応するのかは確認しておいたほうがよいでしょう。

キャンペーンガールのバイトの勤務場所は?

キャンペーンガールのバイトの勤務場所としては、企業の展示会・イベント会場、多くの人が集まる街頭、新規店舗などが一般的です。
バイトの求人に応募しておくと、適宜イベントがある際に声がかかります。

キャンペーンガールのバイト勤務日と勤務時間

キャンペーンガールのバイトは、イベントが開催される土日がメインになります。
勤務時間は派遣先にもよりますが、だいたい10時〜19時もしくは11時〜20時のように、実働が8時間で1時間休憩のところが多いようです。

キャンペーンガールのバイトは忙しい?

キャンペーンガールのバイトは忙しいのでしょうか。
飲食店は、お昼時など時間帯によっては忙しくなるイメージがありますよね。
キャンペーンガールのバイトの口コミによると、1日の中で時間に追われてバタバタする時間帯はほとんどないとのこと。


人の集まる場所での商品のPRを半日以上同じ場所で行うことから、ある時間帯にお客様が集中することはまずありません。

キャンペーンガールのバイトの人間関係は?

キャンペーンガールのバイトの人間関係は、派遣される場所次第であり、もはや運です。
キャンペーンガールのバイト内容は、声を出して呼び込みをしたり、イベントを盛り上げたり、サンプルやチラシを配布したりと多岐にわたります。
社員さんのノルマが厳しくないイベントのほうが、ゆるく楽しく働けるという口コミがありました。

 

一般的なバイトでは、1度入ると「辞めたい」と思ってもなかなか難しいことがありますよね。
しかしキャンペーンガールのバイトは派遣なので、「嫌な思いをした派遣先には行かない」という選択も可能です。
また、友達を誘って一緒に働くこともできるので、融通の利くバイトといえますね。

キャンペーンガールのバイトはどれくらい稼げる?

キャンペーンガールのバイトはどれくらい稼げるのでしょうか。
給料は、日給10,000円〜15,000円、時給1,300円以上であることが多く、飲食店やコンビニなど10代〜20代の一般的なバイトと比較して高めに設定されています。
単価だけ見てみるとかなり稼げそうですよね。

 

キャンペーンガールのバイトは、各種のイベントやキャンペーンに合わせて派遣されるため、土日の勤務がメインになります。
つまり、1ヶ月間の収入としては、日給10,000円のイベントに週2回入り計8回勤務すれば80,000円稼げる計算になります。
キャンペーンガールは、実は立ちっぱなしの重労働ではありますが、日給・時給の単価が高いバイトであるため、短期間でガッツリ収入を得たい人にはピッタリといえます。

キャンペーンガールに向いている人

キャンペーンガールというと、かわいいコスチュームが着られて楽しいお仕事というイメージがあるかもしれませんが、実際のところどういう人が向いているのでしょうか
キャンペーンガールに向いている人についてまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

  • 人と関わるのが好き
  • 気持ちの切り替えが得意
  • 責任感が強い
  • 体力がある
  • 人の注目を浴びるのが苦にならない

 

1つずつみていきましょう。

人と関わるのが好き

キャンペーンガールのバイトは、接客業であり人との関わりは必須です。
多くの人が集まる場所で商品のPRを行うのが仕事なので、人と関わるのが好きな人には向いています。

気持ちの切り替えが得意

キャンペーンガールのバイトは接客業なので、お客様の対応が上手くできなくて落ち込むことがあるかもしれません。
仕事の性質上、無視されたり、断られたり、嫌なことを言われたりする可能性はゼロではありません。


そういったことを深く気にせずに、気持ちを切り替えられる人には、キャンペーンガールのバイトは向いているといえます。
逆に、気持ちの切り替えが苦手な人にはやや精神的にしんどい仕事かもしれません。

責任感が強い

キャンペーンガールのバイトは、商品のPRをするのが仕事なので、お客様から質問を受けた際には答えられるよう準備をしておく必要があります。
知識の少ないキャンペーンガールは、お客様にクレームを入れられることもあるため、仕事で扱う商品やサービスについては、研修等でしっかりと把握しておかなければなりません。
仕事の目的を理解し、研修等で商品やサービスの知識を深め、責任感をもって取り組める人には向いているといえます。

体力がある

キャンペーンガールのバイトは、時給や日給が一般的なバイトと比較して高めに設定してあるため、「楽に稼げるバイト」と言われることもあります。
しかし、休憩時間以外は立ちっぱなしであることも多く、実は体力のいる仕事です。


立ちっぱなしで足がパンパンになっても、笑顔を絶やさずに接客し、屋外での活動では暑さ・寒さにも対応しなければなりません。
体力に自信がある人にはおすすめです。

人の注目を浴びるのが苦にならない

キャンペーンガールのバイトでは、人の集まる場所で商品PRを行います。
大きな声で呼び込みをしたりお客様に声をかけたりするなど、必然的に人の注目を浴びることになります。
注目を浴びることが苦にならない人だけでなく、アナウンサーや女優など人前に出る仕事を志している人にはピッタリのバイトといえます。

キャンペーンガールとイベントコンパニオンの違い

キャンペーンガールと似たお仕事に、イベントコンパニオンがあります。
この2つのお仕事の違いはなんでしょうか。
イベントコンパニオンについて詳しくみていきましょう。

イベントコンパニオンとは?

キャンペーンガールと似ている仕事として、イベントコンパニオンがあります。
コンパニオンは各種イベント会場や展示会場などで、商品のPR・アンケート業務・サンプリング・受付や各種案内などさまざまな業務を行います。

キャンペーンガールとの違いは?

コンパニオンとして活動するためには、事務所に所属して、仕事ごとに書類選考やオーディションを受ける必要があります。
このシステムは、キャンペーンガールとは明らかに違う点といえます。
また、モデル並みの容姿やプロポーションだけでなく若さが求められるため、誰もが簡単になれるわけではありません。

 

キャンペーンガールのバイトと同様に、立ち仕事で暑さ・寒さにも対応しなければならないため、体力のいる仕事であり、高いコミュニケーション能力も求められます。
イベントコンパニオンの日給は10,000円〜15,000円で、20代女性に多いショップ店員などの一般的なバイトと比較すると、給料は高めに設定されています。

 

最近では外国語に対応できるコンパニオンの需要が高まっており、複数言語に対応できる場合はさらなる報酬UPが期待できます

 

さて、キャンペーンガールのバイトとイベントコンパニオンは、お仕事内容は似ている部分が多いものの、事務所に所属しているかどうかという点が決定的に違うことがわかりました。
また、イベントコンパニオンのほうが容姿・プロポーションなど求められる基準が高く、誰もがつとめられる仕事ではないんですね。
しかし、容姿端麗でコミュニケーション能力が高く、モデルや女優などへのステップアップを考えている人にはピッタリのお仕事といえます。

キャンペーンガールのバイトの評判は?

さて、キャンペーンガールのバイトには興味をもったものの、実際のところ評判がどうなのか気になりますよね。
Twitter上の口コミをまとめてみたので、参考にしてみてください。

キャンペーンガールのバイトのメリット

まずは、キャンペーンガールのバイトのメリットから紹介します。
キャンペーンガールのバイトは、他の一般的なバイトと比較して時給が高めに設定されているため、限られた時間でサクッと稼げる点が最大のメリットです。
勤務日は、イベントが開催される土日がメインになります。
勤務時間にもよりますが、日給10,000円もらえる仕事の場合、月8回で80,000万円になるため、かなり効率よく稼げるバイトであることがわかります。

キャンペーンガールのバイトのデメリット

さて、時給や日給が良く、効率よく稼げるキャンペーンガールのバイトにデメリットはあるのでしょうか。
派遣される場所にもよるようですが、立ちっぱなしで大きな声を出してPR活動をするとなると、体力的にきついという声が多くみられました。
また、コスチュームがかわいい半面、セクハラされそうになったり、体温調節が難しかったり(夏は暑い&冬は寒い)と仕事環境の辛さは他のバイト同様に少なからずあるようです。

キャンペーンガールのバイトについてまとめ

最後に、キャンペーンガールのバイトについてまとめていきます。
キャンペーンガールのバイトは、商品やサービスのPRをお手伝いするお仕事です。

 

勤務形態は完全自由シフト制で、一般的なバイトと比較して、時給や日給が高めに設定されているため、短期間で効率良く稼ぎたい人にはおすすめです。
希望する勤務地・勤務日・勤務時間に応じて、イベント会場や展示会へ派遣されるため、週2回自身の働きたいタイミングで入るだけでも月70,000〜80,000円稼げます。


キャンペーンガールは、立ち仕事で体力勝負な一面がありますが、仕事の性質上、接客スキルや営業スキルが磨けるといったメリットもあり、学生にはおすすめのバイトです。
まずは、条件の合う求人を探して応募してみましょう