イベントコンパニオンの給料はいくら?相場や職種別の給料も徹底解説!

2022.04.28

 

可愛いお洋服を着てお仕事できる華やかなイメージのイベントコンパニオンのお仕事ですが、どんなお仕事なのかお給料や年収はどのくらいいただいているのか、気になるところですよね?

 

これから始めてみようと思っているあなたや、イベントコンパニオンのお仕事に興味を持っている方には必見です!

 

今回、イベントコンパニオンの給料はどのくらい稼げるのか、細かくご紹介していきたいと思います。

イベントコンパニオンは日雇いのアルバイトが基本

イベントコンパニオンはさまざまなお仕事形態がございまして、アルバイトや直接クライアントとの契約、事務所に所属するなどさまざまな働きかたがあります。

また、経験などでお給料も幅広く変わってきます。

 

基本的に日雇いのアルバイトの形が多く、新人さんの1日のお給料は1万円から2万円前後と言われています。

新人さんでイベントコンパニオンの初任給

新人さんでのアルバイトで学生や主婦の方のお小遣い稼ぎにしては、日雇いで1万円から2万円稼げるというのは、結構良いお給料ですよね!

 

しかし、イベントによっては時間の制限があるアルバイトも多く、1日のお給料が5,000円から7,000円といった1万円も行かないお仕事もございます。

時間制限があるお仕事に関しては、2時間から6時間の間で選べるので、時間に追われている方や主婦の方は時間でイベントを選んでお仕事をすることが良いかもしません。

 

新人さんの1日のお給料が1万円から2万円前後で8時間働くと、時給で大体1,000円から2,500円前後と思われます。

イベントやクライアント、派遣会社や事務所によって給料が異なりますが、平均時給は1,000円から2,500円前後と考えられます。

 

また、短いお時間のお仕事でもイベントやクライアントによって時給は変わってくるので1日のお給料は変わっていき、1万円から2万円を超えることもあれば下回ることもございます。

 

場合によっては時給3,000円から4,500円のアルバイトもあります。

こちらは、経験がなくても採用を行っていることが多いですが、マナーが厳しい宴会場でのイベントコンパニオンなど、お仕事によって時給や日給が大きく変わります。

 

また、レース会場でのイベントコンパニオンもございます。

こちらは、1レースごとで計算されますが、面接の際の条件が高かったりします。

しかし、面接に受かれば地域によって変わりますが、1レース5万円から10万円といったお仕事もあり、新人さんでも面接に受かると高額のアルバイトをゲットできるかも知れません。

 

お給料の幅は事務所や求人を出しているクライアントによって変わってくるので念入りにお調べすることをおすすめいたします。

イベントコンパニオンは誰でもできる仕事?

イベントコンパニオンは基本的に女性をメインとしたお仕事になります!

また、イベントコンパニオンのお仕事は女性だから誰でもできるわけでもなく体力勝負のキツイお仕事でもございます。

イベントコンパニオンのキツイお仕事

お仕事内容に関しましても『ティッシュ配り』や『チラシ配り』、『風船配り』といった一見簡単そうに見えるお仕事ですが、実際は体力勝負のお仕事と言われております。

一日平均8時間から10時間、高いヒールを履いて炎天下の暑い中、お客様にテッシュ配りやチラシ配り、風船配りをしていると熱中症になったり靴擦れが日常茶飯事となります。

 

また、『ティッシュ配り』や『チラシ配り』といった通行人に手渡しするといった行為で無視されることが多いと思います。

その中でのメンタルも強く持っておくことが大切でございます。

中には無視するだけではなく、文句をつけてくる通行人の方も数多くいらっしゃいます。

 

その中で気さくよくコミニュケーションすることも大切となってきます。

オーディション勝ち抜き

また、高価なお仕事を得るためにはオーディションを勝ち抜いて行かなければならないイベントもございます!

芸能界のようなオーディションを勝ち抜いていき、メディアでも取り上げられるイベントを通して経験を積んでいくことも大切でございます。

 

オーディションに勝ち抜くためにイベントコンパニオンでは大前提とされている、女性らしい美貌が一般の平均以上であることを第一の条件といたしまして、審査が行われます。

また、審査を通過しイベントを勝ち取ったとしてもこの美貌や整ったプロモーションを維持し保っていくことが大切となってきます。

 

オーディションで獲得したお仕事によってはお給料のご相談が可能なオーディションもございますので、オーディション選びも大切になってきます。

コミュニケーションも大切

コミュニケーション能力も大切で、どんなお客様の前でも笑顔で愛想よくしなければなりません。

 

また、イベントの商品やイベント会場でのご質問などをお客様から受けた場合接戦しお答えしなければなりません。

商品の詳細を勉強したり覚えることも大切となってきます。

 

イベントを開催する前にコンサルタントの方とのイベントを開催する上での事前の打ち合わせがございます。

そちらで今後の費用のご相談、働きかたなどのご説明があり、イベントの詳細を覚えてくるように指示があったりします。

打ち合わせやお給料のご説明は経歴や経験により異なることもございますが、ほとんどのイベントではこのような事前打ち合わせがあると考えて良いかと思います

 

このような高価なイベントやオーディションで勝ち抜いたイベントなどで経験を積んでいき年収が上がることもあると言われております。

自分磨きや語学でイベントコンパニオンの年収は高くなる!?

イベントコンパニオンとしての大前提といたしまして、美貌や整ったプロモーションといったモデル体型が求められる職業ですが、

 

もっとスキルアップしたい!

美貌や整ったプロポーションはある程度あるが、これ以上何をしたら良いかわからない。

 

という方は語学を学んだり、自分磨きに関して学ぶことも良いかもしれません。

イベントコンパニオンで必要な語学

近年では日本のイベントに外国国籍の方が日本に足を運び企業と契約をするという傾向が増えております。

その中でイベントコンパニオンにも語学ができる方が優先的に採用され、お給料も一般と比べて上がっているということもございます。

 

語学に関しても種類がございまして、バイリンガルといった語学が2カ国語を自由にこなせる人、またはトリリンガルといった語学が3カ国語を自由にこなせる人でまたお給料が変わってきます。

近年では英語が前提とし、韓国語、中国語の3カ国が基本とされております。

 

バイリンガル(2ヶ国語)を自由にこなせる方でのイベントコンパニオンのお給料

 

日本語以外にも英語や韓国語もしくは中国語をこなせる方は普通のイベントコンパニオンと違い、コンサルや派遣会社、事務所によりますが一般と比べてお給料が多くなります。

 

日給:約15,000円から約20,000円と言われております。

 

トリリンガル(3ヶ国語)を自由にこなせる方でのイベントコンパニオンのお給料

 

また、トリリンガルといった3ヶ国語を自由にこなせるといった一般的にはあまりいないとされているため、基本のお給料より高く設定されているコンサルがほとんどでございます。

 

日給:約20,000円から約30,000円と言われております。

必要とされる語学の種類

最近の日本で必要とされている語学は、英語を基本とする中国語・韓国語と言われておりますが、中にはスペイン語やフランス語も増えております。

英語に関しては、世界的共通語として知られている言語となりますが、スペイン語は世界で4億人といった人々に話されている言語でもございます。

 

最近の日本でもスペインから訪れている方は多く、自由にこなせる様になるとイベントコンパニオンのお仕事でも活躍できるかも知れません。

また、フランス語に関しても、世界29カ国で公用語として使われているためこれから英語を基本としフランス語・スペイン語も日本では必要になってくることと思います。

それに伴い、今で習得しこれからのイベントコンパニオンでのお仕事でも必ず活躍できると体制を整えておくのも今後の給料アップに伴うと思われます。

 

また、バイリンガル(2ヶ国語自由にこなせる人)、トリリンガル(3ヶ国語自由にこなせる人)といったイベントコンパニオンの方はこれまで存在した方々の情報からお給料の計算ができたのですが、クワドリンガル(4ヶ国語自由にこなせる人)やペンタリンガル(5ヶ国語以上こなせる人)などの実績がまだないので、これからそういった方々のお給料はもっと跳ね上がるお給料となっていくことが考えられます。

自分磨きも大切

イベントコンパニオンでは大前提取れている美貌や整ったプロモーションですが、モデル体型だけではオーディションの通過というのは難しいとされております。

オーディションの内容によっては書類選考もあるため書類選考にて落ちるかたがほとんどと言われております。

オーディションを勝ち抜いていかないと良いお給料には巡り会えないイベントコンパニオンですが、書類選考で落ちないためには日々の美貌を保ち写真写りでもよくしておかなければならないということです。

審査員の目に止まるような美意識の高いことが重視されております

オーディションに勝ち抜くため勝ち抜いた後のお給料は

オーディションに勝ち抜くための美貌を保つためには、毎日の生活の中で果物中心の生活をし透明感のある肌質にしたり寝る前のストレッチを欠かせない生活をしたりと一般の人では考えられないくらいハードな生活を送りオーディションを勝ち抜くことが大切だと言われております。

その中で、オーディションに勝ち抜いた後のお仕事のお給料に関しては事務所やイベントの内容によってお給料は変わってきますが、基本的に冒頭でお話ししたお給料と変わらず10,000円から20,000円前後と言われております。

 

しかし、知名度の高いイベントなどのオーディションやお給料が元々高く設定されているイベントも中にはございます。

知名度の高いイベントに関しましては、競争率が激しいため初心者で勝ち抜くことがかなり難しいことだと思います。

 

オーディションの経験を積むため知名度の高いイベントにも参加することは、勉強になると思うのでオーディションをうけることをお薦めいたします。

お仕事のたびにオーディション

お仕事のたびにオーディションをうけることになります。

その為、美貌というのは常に保っておかないといけなく、またオーディションをこなし、お仕事を積み重ねていき経験を積んでいくことによって、今後のお給料に新人と比べて差がでてくると考えられます。

 

知名度のいいイベントやイベントコンパニオンとして、名が知られてくると1イベントや1レースごとに50,000円など高額なイベントを獲得することができ、1ヶ月のお給料が50万から100万といったイベントコンパニオンも中にはございます。

自分磨きをすることによって自分自身にも自信がつきオーディションにも合格することが増えてくると思いますし、それによって経験を積んでいき名前を知られることも大切だと思います。

 

そう聞くと芸能界とイベントコンパニオンのお仕事は変わらないかも知れません。

年齢によってもお給料は変わってくる?

イベントコンパニオンでの高額お給料をいただける年齢が限られてくることも現状でございます。

 

18歳から25歳の間が一番稼げる年齢とされておりまして、20代後半に入ってくると最後の稼ぎ時と言われております。

結果、10代から20代の間が冒頭からお話しいたしております1日10,000円から20,000円前後の稼ぎが出来るとされております

 

また、『30代に入るとイベントコンパニオンとして働くことはできないの?』というわけでもなく知名度があったり経験によって、30代でも20代の頃と変わらず働けていけると考えられます。

しかし30代から初心者でイベントコンパニオンを始めるという方は、何か他とは違うインパクトがあればオーディションに受かることもございますが、一般的には難しいと考えられます。

 

また経験はあるが知名度がない30代のイベントコンパニオンのお仕事をされている方でも、お仕事をちょくちょくいただけることはあるが日給が5,000円からだったりとかなりお給料が下がるイメージがございます。

 

40代になってくるとお仕事量は愕然と減ってきます。

お仕事をいただくことができなくなるというのが、現場となってしまい引退される方が多いと言われております。

40代でお仕事をいただくと日給といたしましては、30代で働くお給料とほとんどかわりません。また、30代でもイベントやお仕事によっては20代と変わらず10,000円から20,000前後のオーディションに合格しいただけることもございますので、挑戦あるのみだと思います!

イベントコンパニオンの種類別のお給料

イベントコンパニオンは単独の一つのお仕事ではなく、たくさんのお仕事内容の種類がございます。

ごく有名なものといたしまして、キャンペーンガールやコスプレイヤー、レースクインなどが挙げられます。

キャンペーンガール

イベントコンパニオンの一つとしてキャンペーンガールが挙げられます。

キャンペーンガールの中にもまたたくさん職種がございまして、携帯会社や電気屋さんパチンコ店などで働くキャンペンガールもあれば企業のプロモーションのイメージガールとして働く形、または水着ガールといったイベントコンパニオンキャンペンガールの形もございます。

 

水着ガールはグラビアアイドルや女優へのなど芸能界への入門とも言われております。

携帯会社や電気店・パチンコ店などでのお仕事のお給料

携帯会社での抽選会や電気店でのセール会パチンコ店でのティッシュ配りなどは、オーディションなしに派遣会社からの面接で通ることが多い職業とされております。

 

初心者の時給といたしましては、最初の頃1,200円ですがクライアントの交渉や経験、コミュニケーションによって時給をあげることも可能になります。

 

企業のイメージガール

 

企業のイメージガールとして、基本的に抽選会や展示会などの盛り上げ役や企業の顔となるお仕事。

企業によってはオーディションがあったり、事務所に所属している方だと指名されることが多い職種となっております。

 

水着ガール

 

モデルや女優の登竜門と呼ばれており、主に事務所に所属している方が行う仕事のイメージです。

お給料は事務所を通してのお給料となることが多く、自分に入ってくるお給料は思ったよりも少ないと感じることがほとんどとのことです。

 

また、事務所を通さず直接オーディションをうけることはできますが受かることはごく稀と言われております。

コスプレイヤー

好きなキャラクターになりきり撮影会やオリジナルグッズを作りファンを増やしていく今ブームとなっているお仕事です。

撮影会では1日のお給料が10万円から30万円とされており、初心者でもコスプレのクオリティにより5万円から10万円稼ぐことも夢ではないとのことです。

 

また、知名度が出てくると1ヶ月の収入が100万越え出てくるコスプレイヤーもいることから、コスプレイヤーのみで生活している方が今の世代多くなっているとのことです。

 

しかし、コスプレイヤーはコスプレにかかる費用も月に2万円から5万円時には10万円以上かかることもあり出費も多いことがわかります。

また現在コロナウイルスの影響により撮影会が中止されたりとイベントがなくなったりとで収入が厳しい中、オンラインやYouTubeで知名度をあげ稼ぐ方も多くなっているとのことです。

レースクイーン

自動車やバイクレースのスポンサーのコンパニオンとされております。

こちらもイベントコンパニオンの一つで時には盛り上げ役また、レーサーの名前のプラカードをお客様に見せたりとレースの顔となるお仕事でございます。

またレースクイーンのお仕事は1レースごとのお給料となりますので1日に1レース5万円のレースを2回こなすと1日に10万円のお給料をいただくことができます。

 

またクライアントによっては1レース10万円のところも少なくないので経験を積んでいきますと1ヶ月50万円のお給料も夢ではございません。

まとめ

今回イベントコンパニオンのお給料事情につきまして、掘り下げてお話しさせていただきました。

イベントコンパニオンは女性が活躍するお仕事で、忙しかったり大変なお仕事なうえに給料の厳しい状況をお話しさせていただきました。

 

イベントコンパニオンのお仕事は20代が一番の稼ぎどきとなっておりまして、経験によって収入が上がっていき、思っていたより夢のある職業ではないかと思います。

また30代になっていくとお仕事がもらえなくなってくるので、その経験を活かし指導係に転職したりだとまた、いろいろな職種が見えてくると思います。

 

今流行っているコスプレイヤーの職業でしたり男の人でもキャンペーンスタッフとして働ける環境がここ最近増えております。

また給料の幅がどんどん変わっていくと思います。

 

それらを伴い今からご自身のステップアップを考えてみてはいかがでしょうか。